サイトマップお問い合わせ
トップページ会社概要取得ISO処理工場紹介Gプラスター(再生石膏使用固化材)RPF(固形燃料)一般廃棄物処理産業廃棄物処理

コンテナボックス・保有車両

廃蛍光灯リサイクル処理
発泡スチロール減容処理
環境リサイクルシステム
コンテナボックス・保有車両


廃蛍光灯処理は、お客さまのもとへ処理機械を搭載した専用車両にてお伺いします。


専任スタッフが迅速に処理を行いますので安心です。


蛍光管にはごく少量の水銀が含まれています。
この水銀は無機水銀で人体に吸入しても直接の影響はありませんが、
長期に放置されると有機水銀に変化する可能性があるので、
使用済み蛍光管は放置せずに適正処理することが望ましいといえます。




廃蛍光灯処理機械と使うと、密閉状態で破砕され、
かつ破砕時の水銀ガスはフィルターに吸着されて大気の汚染は極力抑えることができます。




破砕された蛍光管は密閉型ドラム缶にて安全に運搬されます。


サイトマップお問い合わせページ上部へ